着物の基本的な洗い方

着物を自分で洗うのは少し勇気のいることですが、基本が分かってしまえば難しいことはありません。
せっかく洗える着物を購入しても、自分でお手入れできないとちょっともったいないので、ぜひ基本の荒い方をマスターしてお手入れしてみてください。

まずは着物を広げて汚れのチェック、特に袖や襟などの汚れの付きやすい所を入念に行ないましょう。
もし汚れの目立つ場所が見つかったらその場所だけ予洗いをします。
洗面器などにぬるま湯を張り、汚れている部分だけを少し浸けて濡らしたら、石鹸を直接汚れに擦り付けてください。
その後着物の汚れ同士を合わせて軽く擦ったらお湯で石鹸を落とします。
しつこい汚れの場合には歯ブラシなどを使い、繊維の目に沿って擦り洗いをしてみましょう。

予洗いが終わったら着物を軽く畳んでネットにいれ、汚れの程度に合わせて洗濯機の手洗いコースか通常コースで洗います。
ポイントは脱水を滴が切れる程度の短めにすること、そして柔軟剤を忘れずにいれることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事