着物の畳み方

着たあとにどう畳んで保管したらいいか迷ってしまったことはありませんか?
適当に畳んで保管するよりも、きちんと畳んでしまうのとでは着物に与える影響が変わってしまいます。
そこで着物の畳みかたをご紹介させていただきます。

まずは必ず自分の右に裾をもち左が山になるように脇線をもって置きます。
肩の方までおくみで織り、織ったおくみに反対側のおくみをキレイに重ねて反対側の脇線を手前にもってきます。
襟はやや難しいので何度も動画を見て覚えましょう。
肩の線と襟の線を合わせると自然にカーブができキレイに重なります。
袖を襟の上で重ね、ひとつの袖はまだそのまま置いておく。
下は襟下の線で半分に織り、最後に残っていた袖を一番下にくぐらせて置いて着物の畳み方は終了です。
着物の畳み方も覚えておけば役にたつこと間違いなしです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事