着物の所作、基本の座り方とは

着物を着る場合には、綺麗な立ち振る舞いや、自分からも周りからも気持ちよい所作ができるかどうかが大切なので、着物ライフを充実させるためにもしっかり学んで身につけるようにしましょう。

着物には特有の呼吸法があり、手を腰に当てたら、そのまま手を前に持っていき、親指付近におへそがある位置に手を置き、中指の奥辺りを意識して呼吸をしましょう。

立ち座りでは、腿を付けるような立ち姿勢から、右足を少し後ろに引きつつ、お尻を出さないようにスーと座っていき、左足の裾を左手で揃えながら座り、右足も裾を綺麗にすると、座る姿勢が美しく見えますよ。

立ち上がるときには左右の足を立てつつ、左足を少し前に立てたら、お尻を出さないようにスーっと上へ立ち上がり、最後に足を揃えると綺麗ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事