着物と浴衣の畳み方を身につけよう

着物を嗜むのであれば、着用していないときの管理も念入りに行うことが大切ですから、基本の畳み方を覚えて、もっと着物ライフを楽しみましょう。

着物は平面構造になっていますから、畳むときには縫い目を意識しながら折りたたむことで綺麗な状態で仕舞っておくことができますし、アイロンがけもラクチンになりますよ。

着物を床や畳に広げながら畳む作業をするので、着物の下に敷物を敷いたり、手を洗って油が付着しないよう注意しましょう。

着物を畳むときは着物の横に座り、左側が衿になるように置いたら、衿と裾を持ち上げて、脇線で反対側に折り返したら、脇線を持ち上げて、おくみ線で折り返しましょう。

畳みながらシワが付かないよう気をつけて折り畳んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事