様々な帯揚げの種類と銀座結びの基本

今回は帯揚げの種類や銀座結びに合う帯揚げについてご紹介致します。

まず総絞りとは全体が絞り染めで染めてある帯揚げで、主に振袖に使われることが多く、部分絞りの帯揚げは総絞りとは違いその名の通り部分的に絞り染めされているもので、この2種類どちらともカジュアルな銀座結びには不向きです。

滑らかで艶があるのが特徴の綸子の帯揚げは、その上品さから訪問着などの礼装に向いた帯揚げといえるでしょう。
着物との合わせ方にもよりますが、綸子も光沢があるので銀座結びには向いているとは言いがたいです。

ではどういった帯揚げが銀座結びに良いのかですが、風合いを考えると縮緬が最も合っているといえます。
縮緬の帯揚げは普段の着物にも使いやすい帯揚げが多いので、普段から着物を楽しもうとお考えならば少し多めに持っておくのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事