着物の染め替え

タンスの奥にしまっていた着物を再び着たいと思った時、ちょっと今の年齢には合わない色になってしまっていたりすると、折角また着たいと思ってもちょっと勇気が必要になってしまいます。
そうした時におすすめなのが着物の染め替えです。

こうした染め替えには、生地の上から単に色を乗せてしまう「色揚げ」、一度既存の色を抜いて新しく染め直す「抜き染め」、派手な着物に色を加えることで地味な色合いにする「目引き」などがあります。

どの染め方がベストなのかは着物の元の色や種類によって変わってきますので、染め替えを行なっているお店で相談してみてください。
柄は同じでも着物が一気に新しいものへと生まれ変わりますから、大切な思い出深い着物、親から受け継いだ着物など、大切な着物を楽しむのに染め替えという方法は非常にいい方法だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031