着物を着用した後のチェックポイント

着物を着た後は、収納する前に、どこかに汚れが付いてしまっていないかどうかを確認してください。

着物を平らな床に広げて置き、部位ごとに分けて確認していくようにすると、汚れの見逃しも無くおすすめです。
また地面に近い裾部分は特に汚れやすい部位になりますから、砂や埃などの汚れ、ほつれも同時に確認しておくといいでしょう。

また着物のメインである上前は人にも良く見られる場所になるので、より入念な確認をするようにしてください。
そして、女性の場合はお化粧をしている方が殆どだと思いますから、襟部分に付いてしまうファンデーションの汚れも良くチェックしておきましょう。
袖部分は普段あまり着物を着ない方にとっては慣れない部分になり、思いがけない汚れが付きにくいポイントです。

それぞれチェックが終わったら、汚れの合った箇所に関しては早めの対処をするようにして、その着物をより長く楽しめるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事