簡単!着物のたたみ方

着物を長く愛用するためには、保管方法にも気を使う必要がありますので、今回は着物の正しいたたみ方についてご紹介いたします。

着物には、たたむための目印の線が既に付いていますので、広いスペースに着物を置いて、線に沿って綺麗にたたんでいきましょう。

着物をまっすぐに広げてシワを伸ばしておき、まずは折り目の線に合わせながら手前から折りたたんで、反対側の布は脇の方の線と腰の方を持ちながら、手前の端へと重なるように折りたたみましょう。

衿部分を折りたたむ際には、背中の方に内側に折りたたむための線が付いていますので、被せるようにたたんだら、袖は中に折りたたむことで保管しやすくなりますよ。

裾を綺麗に折りたたんで完了ですが、折り目を付けたくない場合には、たたむ方向に気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事