着物の綺麗な畳み方

着物の畳み方、あるのですが、畳み方が汚いと着物がしわしわになっては意味がありませんので、今回は、着物の綺麗な畳み方を紹介致します。

まず、裾から畳むのですが、衿を自分の左側、裾を自分の右側に置き、広げ、手前の脇線に合わせて折ります。次に、反対側のおくみを手前のおくみに合わせ、衿先から裾までしわのないように伸ばし、奥にある脇線を手前の脇線と重ね、しわになっていないか確認し、裾を軽く畳んでおくとずれにくくなります。

次は、上半身を畳むのですが、肩と衿の右半分を平らに置き、衿はおくみ線の延長で折り返します。そして、左右の肩と肩、衿と衿を重ね、衿と背中心の間は三角に折ります。その時、肩から衿先まで綺麗に重ね、奥にある袖と脇線を手前まで持っていき、脇線に合わせ袖を奥に倒し、反対の袖は下に入れ込みます。
最後に畳んでおいた裾を1番左まで持っていき、畳み終わりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事