阿波しじらの着物

着物をこれから着ていくという方で、リサイクルやプレタがサイズ的にピッタリのサイズを作れないといった方にも阿波しじらの着物はおすすめできるということです。

阿波しじら織とは明治維新当時である阿波阿宅村の織女“海部ハナ”が雨に濡れそぼって縮んだ布にできた凹凸をヒントに苦心研究の末に考案したといいます。
しじらの特徴であるシボによる独特の風合いと美しさが魅力で工夫して折られた布に熱湯をくぐらせ感想させることによって鮮やかなシボを浮き上がらせることが出来ます。

シボの凹凸のおかげで肌触りが素晴らしく軽くて涼しいので、暑い環境でも着ていける着物となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031