着物や浴衣を着るなら、知っておくべきマナー

綺麗で素敵な着物や浴衣を着ても、振る舞いひとつで残念な印象を与えてしまいますので、相応しいマナーを身につけて美しい所作や立ち振る舞いを心がけると良いでしょう。

着物を着て歩く時には、背筋をスッと伸ばして自然な動作で歩くと優雅に見えますから、猫背にならないよう気をつけて歩きましょう。

座る時には浅めに腰掛けて足を前後にずらしますが、深く腰掛けてしまうと帯の形を潰してしまう事が考えられますので注意しましょう。

お辞儀をする時には、中腰で浅めに腰を折るようにすると、淑やかさや色気を演出する事ができますよ。

電車に乗ってつり革を掴む時には片手でつり革を掴み、もう片方の手は袂に添えて中が見えないよう隠すと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事