着物の立ち姿に注意しよう、綺麗に見える立ち姿とは?

着物を着るなら、正しい着付けの方法だけでなく姿勢や所作も大切ですし、洋服を着た時と同じ立ち姿だと格好が悪いですから、綺麗な立ち姿を心がけるようにしましょう。

着物を着るなら、ガニ股の状態だと体が大きく見えますし、片足に重心をかける立ち姿だとお腹周りが太って見えるため、足はなるべく内股にした方が綺麗に見えますよ。

手は自然に下ろした状態や前で軽く組んだりしても良いですし、肩周りは下げている状態の方が綺麗に見えるそうですが、猫背にならないよう注意しましょう。

猫背で着物を着ていると首が短く見えますし、着物を着る時に姿勢を正したり、肩甲骨を引き寄せるようにして正しい姿勢を意識すると良いですし、胸を張って着物を着るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031