着物の汗抜き

暑い日に着物を着た時、汗をかいて着物に汗染みができることもあるでしょうが、今回は着物と長襦袢の汗抜きについて紹介いたします。

用意するのは着用した着物と水を張った洗面器と霧吹き、白いタオルを数枚、さらに叩き用としてタオルを丸めて輪ゴムで留めたもの、ドライヤーを準備しましょう。

汗抜きがしやすいよう、汗で黄色くなっている部分の生地には白いタオルと板を敷いておき、霧吹きをすることで汗染み部分が分かりやすくなります。

絞っても水が出てこない程度の叩き用のタオルで、ポンポンと垂直に叩いていきますが、この時叩き過ぎると生地が傷んでしまうので、こすらないよう注意しましょう。

下のタオルに汚れを移していく感じですが、たくさん叩いても汚れが残る場合は薬品を使う必要があります。

着物の水分はタオルを押し付けて吸い取り、ドライヤーやアイロンで乾かしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事