着物の基本的な畳み方

せっかく用意した着物を綺麗に保管しておく為に、着物の畳み方は非常に重要ですので、今回は初心者の方でも比較的簡単に出来る、床の上での着物の畳み方の基本をご紹介致します。
この方法は浴衣も共通の方法ですので、浴衣の取り出しが多くなるこの時期、覚えておいて損はありませんよ。

最初に自分の左側に着物の上半身がくるよう床に広げ、裾の方から畳み始めます。
まず手前にある端っこを端から1つ目になるように折り畳みます。
反対方の端っこを、先ほど折った端っこに合わせて持ってきたら、持ってきた端っこの外側の方に線が出来ますので、その線の縫い目の所を浮かすように持ち、今度は一番手前の端まで持ってきましょう。
続いて上半身を畳んでいきます。
襟元の端と端を合わせ、そのまま上まで持っていくと自然と折り返しますので、襟についている背中心の折り目に合わせて折りましょう。
背中心と襟を合わせて三角形にし、袖を手前に持ってきたら、こちらも折り目に自然に合わさります。
もう一方の袖はひとまずそのままにしておき、先ほど折っておいた裾の先を襟の端っこ辺りまで持ってきたら、最後に両端をしっかりと持ち形が崩れないように裏返し、残っている袖を合わせて折り畳めば完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事