名古屋帯の結び方

初心者でも簡単にできる帯の結び方がありますが、今回は名古屋帯の結び方について紹介いたします。

帯板が付いているタイプは一番最初に付けて、板部分が前に来るように結び、使用する小物は手の届く所に置いておくと作業がしやすいですよ。

帯は一重になっている方が手先といい、表と裏を間違えないように半分に折り、折った部分の山が外側に来るよう左肩にかけて、片方の長い帯を後ろから前に持っていき、1周2周としっかり固定させましょう。

着物クリップなどを使うことで両手が使いやすくなりますし、左肩に置いておいた帯を後ろに持っていき、左手と右手を使って折り返し、帯枕と帯揚げを使って帯の丸い部分を作りましょう。

紐は前で結び帯の中に入れて、仮紐で帯の形を作り完成系に近づけて、素敵な着物を着こなしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031