着物の補正で着物美人へ

着物を着る際には、着姿は美しくなったり、着崩れしにくくなり、着物を着用した際に苦しくなりませんので、体型に合わせて補正もしっかりと選ぶ必要があります。

鎖骨と肩の間にある凹みやみぞおち、ウエストのくびれた部分やヒップ部分を補正をしますが、着物ブラジャーはパットが入っていますので、鳩胸になるようにチョッキを整えて、綺麗な胸元にしましょう。

ウエストや腰周りの補正では、パットの厚みで調整して、専用のベルトを使って巻きつけます。

補正下着を持っていない場合は、自宅にあるタオルや手ぬぐいを使って体に巻きつけていきますが、それでも足りない場合はガーゼや綿も使用して整えましょう。

着物を綺麗に着こなしたい方は、補正についても理解しておくことが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事