衿が着崩れない?綺麗な着付けの方法

衿が崩れてしまうのは原因がありますので、着物を綺麗に着こなしたいと考えている方はぜひ参考にしましょう。

衿合わせが浅くなっていると胸元が開きやすく形がて崩れやすいので、衿合わせをする時には胸を覆うくらいまで重ねて着るようにしましょう。

帯紐より上の部分がたるんでしまっていると、着物を着て動いた時に衿が浮いてしまって不恰好になりますので、着物の上半身がたるまないように生地を張るようにしましょう。

衿心が硬いと前側が開きやすくなってしまいますし、胸が大きい方やデコルテが華奢な方は浮きやすいという事ですから、衿心が柔らかい物を使うと良いでしょう。

背中側のたるみは気付きにくいですが、放置していると不恰好ですし、衿がたるんでしまいますので、忘れず整えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事