着物について一から学べるサイト

menu

着物初心者さんの知識箱【着物入門】

着物を着るなら補正もするべき?

着物を美しく着るなら補正は必要になるのでしょうか?

補正は長襦袢を着る前に着用する物であり、タオルなどを使って胴体に巻いて着姿が美しくなるように体型を整えるのです。

補正は体と着物の間に入れる物ですから、補正を行う事によって隙間を埋めたり、体型によって着姿が不恰好になってしまうのを防ぐ効果が期待できますし、老けて見えるのを防ぐ事もできるのです。

特に胸元の形を整えたい時に使えるアイテムですから、着姿を美しくしたい方は着物でも浴衣でも補正を活用しましょう。

ウエスト部分には帯があるため、補正はなくても問題ないのだそうです。

補正をしていないと着崩れやすいと言われていますので、きちんと補正してから着物を着るのがオススメですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930